女性と乳児

気になったらすぐに不妊治療の検査をしてみよう

男女ともに病院へ行こう

先生

なかなか妊娠できない時は

近年、不妊で悩むカップルは7組に1組と言われています。不妊は昔は女性に原因があるものとされ、男性側には非がないものとされていました。しかし、近年の不妊治療の現場では、男性側に原因がある不妊と女性に原因がある不妊の割合は五分五分と言われています。そのため、不妊治療や検査を行う場合は、女性のみが行っても意味がない場合があるため、必ずパートナーの男性も精子の検査を行うことが必要です。男性側では勃起障害のほか、無精子症や乏精子症など、精子に原因がある場合があります。それぞれに治療法や妊娠するための不妊治療があるため、医師と相談の上検査を行い、妊娠できるよう治療を行います。女性側に原因がある不妊には、子宮や卵巣など様々な原因があります。

パートナーと医師との連携

女性側の不妊には、排卵障害・子宮着床障害・卵管障害などがあります。排卵障害は卵巣の機能低下や高プロラクチン血症などの原因が考えられます。子宮着床障害は、子宮内膜の癒着や、子宮筋腫・子宮奇形・子宮内膜炎などが原因で起こります。卵管障害は、卵管癒着や卵管の閉塞・クラミジア感染によるものなどが原因です。不妊治療や不妊検査は女性側の体の負担が大きく、痛みや出血などを伴います。また、女性側の不妊検査は調べても原因がわからない場合もあり、精神的ストレスも考慮しなければなりません。不妊治療はパートナーが協力し、助け合うことで成り立つものです。女性には妊娠のタイムリミットも存在します。不妊治療に向けて二人でよく相談することが大切です。

婦人科のダイエット

レディー

大阪をはじめとした都市部では、ダイエット外来を行う婦人科系の病院が多くなっています。食事や運動など生活改善による治療や、脂肪吸引などの外科治療によって痩身のプロポーションを手に入れることが出来るでしょう。

Read More..

婦人科疾患への治療

看護師

ピルは、婦人科疾患に悩む人の症状を抑える効果を持ちます。生理痛や生理不順などに悩む場合は、婦人科や産婦人科を受診すれば適切な処置をしてくれます。大阪にある病院でもピルの治療が積極的に行われ、これで症状が改善された人も多くいます。

Read More..

妊娠率を高める治療

カップル

着床前診断は妊娠が成立する前に、受精卵の段階で遺伝子の異常を検知する技術で、人工授精による妊娠率を高める効果が期待できます。日本では法律で禁止されておらず、一部の病院で着床前診断を受けることができます。

Read More..