先生

気になったらすぐに不妊治療の検査をしてみよう

婦人科疾患への治療

看護師

治療目的と働き

大阪にはたくさんの婦人科や産婦人科があり、そこでは妊娠以外のいろいろな治療が行われています。代表的な治療にピルを使った方法があり、生理痛の緩和や子宮内膜症の症状にも効果を発揮してくれます。ピルは一般的に妊娠を避ける方法として知られていますが、目的はそれだけではありません。現在大阪をはじめとする全国の婦人科や産婦人科では、治療目的にピルが頻繁に使われているのです。そもそもピルとは、卵巣機能を休ませるための働きを持ちます。卵巣は女性ホルモンを分泌し、周期的に排卵を繰り返しています。これをいったんお休みさせることで、排卵がなくなり生理も微量な出血しかなくなります。そうすることで生理痛もやわらぎ、乱れたホルモンバランスも整えてくれます。このため、ピルの治療目的に該当する疾患に対しては、大阪の病院でも積極的にピルの処方を行っています。大阪にはたくさんの女性が生活を送っているため、なくてはならない治療法となっているのです。

女性に嬉しい効果

生理痛がひどい症状や、月経前症候群、そして子宮内膜症などに悩む女性は増加しています。特に20代といった若い世代に多く、深刻な状態の人も少なくありません。そういった人の治療として、ピルの服用で不快な症状を抑えてくれます。しばらく服用することで体を慣らしていき、最終的に服用しなくても症状が出ない状態を目指していきます。また、不妊症の治療の1つとしてもピルは最適な効果を発揮します。不妊症の人はホルモンバランスが乱れている場合があり、上手く排卵をしていない可能性があります。つまり、無排卵であったり、または生理不順だったりもします。このような状態の人も今は非常に多く、不規則な生活や何らかのストレスが影響していると考えられています。しかし、この状態でもホルモンバランスをピルが整えてくれるので、規則正しい排卵や生理が再開します。そして、妊娠しやすい状態へと導いてくれるので、ピルには女性に嬉しいさまざまな効果が期待されているのです。